航空業界へ転職

キャビンアテンダント(フライトアテンダント)

キャビンアテンダントとは、旅客機内で乗客にサービスを行う仕事です。スチュワーデス、フライトアテンダント、エア・ホステスとも呼ばれています。主な仕事内容は、ゲートや機内での乗客案内、機内アナウンス、離着陸の時の注意や安全確認、緊急時の誘導や脱出の説明を行います。乗客に対しては、食事や飲み物、新聞・雑誌、毛布などのサービスを行い、一人ひとりに気を配って笑顔で対応します。体調が悪くなったり、急病になった乗客が出たら、面倒を見たりなど臨機応変に対応します。緊急着陸や気象によるトラブルの際には、乗客がパニックにならないよう、冷静に対応する精神力や判断力が必要です。

キャビンアテンダント(フライト・アテンダント)になるには、日本または外国の航空会社、航空関連の人材派遣会社の採用試験に合格することです。大学や短大では、英語学科や外国語学科、専門学校なら航空系などを卒業していると有利でしょう。キャビンアテンダントの採用試験は、筆記、面接、英会話、身体検査、基礎体力測定などがあり、はば広い教養と強い責任感、日常生活で不自由のない英会話力が出来ることが必要です。

また、キャビンアテンダントの勤務時間は不規則で、毎日の出社・退社時間が違い、時差や気圧の変化があるので、それに耐えることができる体力も必要になります。近年の航空会社では、キャビンアテンダント(フライト・アテンダント)の採用を、人材派遣会社から契約社員として採用することが増えており、正社員の採用を控える傾向があります。航空会社のサービス競争も激化しており、キャビンアテンダント(フライトアテンダント)に転職するには狭き門となりつつあります。

グランドスタッフ

グランドスタッフとは、空港で旅客にサービスを行う仕事です。別名グランドホステスとも呼ばれています。おもな仕事内容は、海外へ行く旅客のパスポートをチェックをしたり、航空券のチェックインの手続きなどを、コンピュータを操作してカウンター業務を行います。それから、飛行機を乗り換える乗客へのアナウンス放送をしたり、ゲートから飛行機への案内業務など、乗客へのきめ細かいサービスをします。グランドスタッフになるには、航空会社や人材派遣会社の採用試験に合格することです。応募資格は、短大・専門学校卒業以上の学歴となっており、キャビンアテンダント並みの接客能力・英会話力が必要とされます。

グランドスタッフの適性については、責任感があり、明るくて親しみやすい人柄であるということです。また、常に時間に追われ、出発に遅れそうな乗客を走って案内することもあるので、テキパキ仕事をこなせる能力と体力が必要です。最初は、一般地上職として採用されることが多く、その後適性を見て、グランドスタッフに配属されます。グランドスタッフの採用合格率はかなり低く、採用されるのは難関と言われています。とくに大手航空会社では、グランドスタッフの新規採用を控える傾向が出ています。航空自由化による、航空会社のサービス競争は激しくなる一方で、転職には、より優れた質の高いグランドスタッフが求められています。